子供 オリゴ糖 おすすめ

オリゴ糖が子どものお通じの悩みにおすすめの理由

オリゴ糖が子供のお通じの悩みに効果があるということで、最近いろいろなところで話題になっています。

 

しかしオリゴ糖自体は、もともと植物の中に含まれる成分であり、研究者によってかなり昔に発見され、腸内環境を整えるのに効果があることが知られていました。

 

オリゴ糖の発見のきっかけとなったのが、母乳栄養の赤ちゃんが人工栄養の赤ちゃんよりも下痢などになりにくいという事実でした。

 

そして研究が進むにつれて、母乳の中に腸内のビフィズス菌を増やし腸内環境を整える因子が含まれていることが分かりました。

 

その母乳に含まれるビフィズス菌を増やす因子こそオリゴ糖だったのです。

 

下のグラフはヒトの腸内のビフィズス菌が年齢によってどのように変化していくかを示しています。

 

オリゴ糖グラフ

 

このグラフによると、一般に生まれたばかりの赤ん坊は腸内の細菌の90%近くがビフィズス菌によって構成されているという非常に理想的な状態にあることが分かります。

 

だから、生まれたばかりの赤ちゃんの便はほとんど「嫌なにおい」がしません。

 

しかし、ビフィズス菌は年齢を重ねるにつれて急激に減っていき、成年期には腸内細菌の15%にまで減ってしまいます。

 

これは単純に考えてビフィズス菌の「エサ」となるオリゴ糖を摂取する機会が少なくなっているからです。(ちなみにヨーグルトなどで口から取り入れた善玉菌は腸に届くまでに大半が死滅すると言われています。)

 

 

このことを乳幼児の便秘との関係で考えると、質の良い母乳で育つ赤ちゃんは、母乳に十分に含まれるオリゴ糖によって、腸内環境を整えるのにとても有利なことがわかります。

 

腸内環境が整うと、腸は活発に働くので、それだけ便秘にはなりにくくなります。

 

しかし、近年はお母さんの産後の無理なダイエットなどによって母乳の質が低下したり、母乳を飲ませなくなるケースが多くなっているようです。

 

また出産の時に帝王切開で生まれた赤ちゃんは、産道を通らないために、腸を整えるため本来取り込むべきはずの菌を取り込んでいないとも言われています。

 

さらには自然分娩でも、もともとママの腸内環境が悪玉菌優勢だと、その腸内環境が赤ちゃんに引き継がれる面もあるそうです。

 

その結果、便秘になって苦しむ子が増えており、中にはそのまま成長して腸が発達してもなかなか便秘が解消しないこともあります。

 

 

このような場合には、良質のオリゴ糖を食品として体内に取り入れることで、便秘を改善する上で母乳と同等の効果を期待することができます。

 

ところが、純度の高い良質のオリゴ糖を抽出することは安価では困難なのだそうです。

 

ですから、オリゴ糖食品は近所のスーパーなどでも売られていますが、それらのほとんどは液体でありオリゴ糖が30%ぐらいの純度の低いものです。質のあまりよくない母乳よりも、さらに劣ると考えられますので、腸を整える点での効果はあまりのぞめません。

 

カイテキオリゴのおすすめポイント

綿棒浣腸でもダメ、マッサージでもダメ・・・

 

子どもの便秘でいろいろ試したけどダメだったお母さんたちが、「今までがウソのように快調」「もっと早く知っていればよかった」と驚きの声をあげているのが、株式会社北の達人コーポレーションのオリゴ糖「カイテキオリゴ」です。

 

赤ちゃんから小学生までたくさんの便秘解消の報告が毎日のように届いています。

 

おすすめのオリゴ糖

 

カイテキオリゴの公式サイトはこちらへ

 

体験者の声(公式ページより引用)

体験談を読んで「これだ!」と思い、自然のものだから大丈夫!と納得して、オリゴ糖を購入しました。

軽く1杯をミルクや離乳食に混ぜて摂らせると2日後には泣かずにスルリと!その後もほぼ毎日のように出ています。今は健康のために長男と私も飲んでいます。ありがとうございました。
(大阪府 みきたんのママ様)

 

助けて欲しい一心で、いきなり定期購入に踏み切りました。
商品が届いた日に何回かにわけてミルクやご飯に混ぜて与えてみました。すると次の日、いつもなら大泣きして大変なのに、いつの間にか出ていたようです。めっちゃ感動の嵐でした(笑) 定期購入してよかったです。感謝、感激です。
(岩手県 ありがとうおりごとう様)

 

その他の体験者の声はこちら

 

 

そもそもオリゴ糖は母乳に含まれている成分で、もっとも自然で安心できるかたちで子どもの腸内環境を良くし、便秘を解消する効果があります。

 

カイテキオリゴ

ウチに届いたカイテキオリゴです。

 

飲んでから3日目に私も子供も理想的な黄土色のものがスッキリ出ました!

 

しばらく見たことない色だったのでビックリです。よっぽど弱ってたんですね善玉菌・・・

 

おまけで付いているカイテキダイアリーは、楽しくてかわいくて子供のうんちチェックにピッタリです。

 

 

以下にカイテキオリゴのおすすめポイントをまとめてみました。

 

純度が高い

よくスーパーではシロップ状のオリゴ糖が売られていますが、これらは純度が低いため便秘に対する効果という面では高い効果は望めないといわれています。

 

しかし、一般には純度の高いオリゴ糖を抽出すると、かなりのコストがかかり、商品も高価なものになってしまうようです。

 

カイテキオリゴは、純度ほぼ100%であるにもかかわらず、比較的お求めやすい価格で入手できるのが特徴です。

 

30種類以上のビフィズス菌に対応

 

オリゴ糖は腸内の善玉菌であるビフィズス菌のエサとなるので、ビフィズス菌が活性化し、腸内環境をよくする働きをします。

 

でも、ひと口にビフィズス菌といっても腸内に30種類以上存在しており、それぞれにオリゴ糖の好き嫌いがあるそうです。

 

カイテキオリゴは独自に研究開発されたEOS理論により、30種類上のビフィズス菌全てをまんべんなく活性化させる効果があります。

 

高い安全性

 

幼い子供に飲ませるものとしては、やはり安全性が一番気になるところです。

 

カイテキオリゴは、NPO法人日本サプリメント評議会により安心・安全評価製品としての承認を受けています。

 

さらに、放射能に関しても第3者検査機関により放射性物質含有量の検査を受け基準値をクリアしている製品ですから赤ちゃんにも安心して飲ませることができます。

 

徹底したサポート

 

カイテキオリゴは売りっぱなしの商品ではなく、健康管理士と専任アドバイザーが使用方法などに関する無料サポートを行なっています。

 

それだけお客様に結果を得てほしいという願いのあらわれであり、また商品に対する自信のあらわれだと思います。

 

 

詳しくは以下のリンクをクリックして公式サイトでご確認下さい。
↓ ↓ ↓
カイテキオリゴの公式サイトはこちらへ

 

乳幼児の便秘は心配で苦しい

 

赤ちゃん・幼児の便秘は、子ども自身はもちろんのこと、親にとっても泣きたくなるくらい苦しく、つらいですね。

 

乳児や幼児

今ではすっかり大きくなった我が息子も、乳幼児期はスッキリできない日が多く、トイレに連れて行くたびに大騒動でした。

 

時にはイライラして叱りつけてしまうこともあり、一番苦しいのは子ども自身のはずなのに、余計につらい思いをさせてしまいました。

 

今でもその頃のことを思い出すと後悔と悲しい気持ちがあふれ出してきます。

 

正しい情報を知っていれば、あんなにつらい思いをさせずに済んだのに・・・

 

心からそう思います。

 

そんな後悔の気持ちと子どもへの罪滅ぼしの意味も含めて、せめて同じようにお子様の便秘で悩んでおられる親の皆さんに正しい情報を提供できればと思い、このサイトを立ち上げました。

 

 

何日も便が出ずに、お尻から出血しながら「痛い痛い」と泣き叫ぶ我が子を何とかしてあげたいと、親は必死になります。

 

でも、赤ちゃん・幼児の場合はマッサージをしても綿棒浣腸を使っても、なかなか便が出ないこともあります。

 

このような時は親もどうしてよいか分からず、つい自分自身が取り乱して、子どもを叱りつけてしまうことがあります。

 

「もう少し我慢しなさい!」
「泣かないの!」

 

このような言葉は、事態を悪化させるばかりで、そのようなことが長く続くと乳幼児のいたいけな心に傷を残してしまうことさえあるかもしれません。

 

子どもの心が排便を「親から怒られる怖いもの」というイメージでとらえてしまうからです。

 

赤ちゃんや幼児に、排便が痛くて怖いものという印象を与えてしまうと、トイレ自体を怖がるようになったり、排便を我慢するようになり、ますます便秘がひどくなることがあります。

 

そのようなことにならないためには、まずは親自身が正しい情報を取り入れて、冷静に落ち着いて対処できるようになりましょう。

 

病気などがない限りは便が出ないからといって赤ちゃんや幼児の体調が急に悪化するということはありませんし、もう少し年齢が上がれば腸の発達によって自然と改善されることがほとんどです。

 

ですから、親はあまり心配しすぎずに、子どもの頑張っている点をよく褒めて、励まして、自信をもたせるようにしたいものです。

 

親のほうが焦って無理に排便をさせようとするのではなく、害や刺激の少ない解消法を子どもの様子を見ながら少しずつ試していくことが必要です。

 

 

そして、親としてできるもうひとつの大切なことは、日ごろから便秘になりにくい生活習慣を保つことです。

 

乳幼児と親子

これには便をやわらかくする食事など子どもが体内に取り入れるものに気を配ったり、屈伸運動などでいつも腸を活発に働かせたり、トイレに座る時間を決めておいてきちんと守ることなどが含まれます。

 

赤ちゃん・幼児の体はとてもデリケートで、腸もまだ十分に発達していません。

 

それだけに日ごろ食べているものや生活の習慣が直接的に便秘の悪化をまねきやすいものです。特に赤ちゃんの場合は離乳食期が問題となりやすいようです。

 

便秘になったときだけ大慌てするというのではなく、子どもの便秘の原因を正しく理解し、予防のほうを重視して、日ごろから生活の中で実践しましょう。

 

今は親子共につらいかもしれませんが、きっと解消することのできるものですから、焦らずに改善するための手段を一つ一つ試していきましょう。

 

乳幼児の便秘で最後の奥の手
↓ ↓ ↓
カイテキオリゴの公式サイトはこちらへ

 

便秘がちな赤ちゃん・幼児に最適なサプリメント

赤ちゃんを含めて幼い子の排便リズムを整えるためには、毎日の生活習慣がとても重要になってきますが、親としてはなかなか続けられないという悩みもあります。

 

子どものほうもなかなか言うことを聞いてくれなくて、こんな時は親子で余計にストレスをためてしまいますよね。

 

そこで、まず最初に取り組む対策として、オリゴ糖を毎日与えてみるのは、いかがでしょうか?

 

オリゴ糖粉末

実は、一部のオリゴ糖食品はお子様の便秘に悩む親御さんにとても人気で、喜びの声が続々と集まっている状況です。

 

なぜオリゴ糖が良いのかというと、幼い子どもの腸に優しく働きかけて、ビフィズス菌をいっぱいに増やしてくれるからです。ビフィズス菌のつくりだす酸は、腸の運動を活発にしますし、ウンチを軟らかく出やすくしてくれます。

 

料理やオヤツや飲み物、ミルクに少量を加えるだけですから、お子様は喜んで摂取できますし、赤ちゃんにも安心して与えられます。そして親としても続けやすいので助かります。

 

ぜひ毎日の習慣の一つとしてスタートしてみて下さい。

 

引き継がれていく腸内環境

乳幼児が便秘を繰り返している場合は、根本的に腸内環境が整っていないことが考えられます。

 

でも、生まれて何年もたたない赤ちゃんでも、なぜ腸内環境が整っていないということがあるのでしょうか?

 

それは出産時のママの腸内環境と深い関係があります。

 

腸内環境は腸内に棲む細菌によって決まるということはご存知だと思います。

 

お腹の赤ちゃん

お腹にいる時の赤ちゃんは無菌状態ですから、この時点では、どの赤ちゃんも同じです。

 

しかし出産時に違いが生じるようになります。

 

胎児が産道を通る時に、主にママの腸内細菌を引き継ぐ形になるのです。(産道と腸の棲息菌の種類は似ているそうです。)

 

胎児はママの産道に棲息する細菌を口から取り入れ、それが赤ちゃんの腸内に菌が棲みつくきっかけになります。

 

また他にも出産時に一緒に出るママの便や空気中の細菌、産科スタッフの手指などからも菌が取り込まれ、それらが赤ちゃんのはじめの腸内環境をつくっていきます。

 

そしてここが大切なところですが、妊娠中の便秘などでママの腸内が悪玉菌優勢だと赤ちゃんにも悪玉菌優勢の環境が引き継がれる可能性が高いということです。

 

逆にママが出産時に善玉菌を多く保有していれば、赤ちゃんにもその割合が引き継がれることが多いようです。

 

このことを証明する報告として、フィンランドで90組の母親と生後3ヶ月の乳児の便を調査したところ、75%の親子で共通のビフィズス菌をもっていることが分かりました。

 

この調査からも、100%ではないものの母親の出産時の腸内環境が、生後の赤ちゃんの腸内環境をかなりの程度左右しているということがいえると思います。妊娠中のおすすめオリゴ糖はこちら

 

でも心配しすぎる必要はありません。

 

生まれた時の細菌の状態は確かに大きな影響力があるようですが、その後の生育の過程で腸内環境を大きく変化させることが可能のようです。

 

特に離乳期までが重要な分かれ目となるようで、腸内環境と深い関係のあるアトピー性皮膚炎も、2歳頃までに発症しなければその後も発症しないといわれています。

 

幼児

離乳期までは赤ちゃんの腸内環境にもよく気を配って、できる限り腸内のビフィズス菌を活発にしてあげましょう。

 

また既に離乳期を過ぎているお子さんでも、時間をかけて継続的に善玉菌を増やすことで理想の腸内環境に近づけることができることと思います。

 

子どもの一生の健康を左右するかもしれない大切なポイントですから、なるべく幼いうちからいい腸内環境をつくってあげたいですね。

 

カイテキオリゴの公式サイトはこちらへ

 

子供を便秘にしないための3つの習慣

子供の直腸が太く長くなってしまう?

 

マッサージや便秘薬や綿棒浣腸は、子供の便秘に対して比較的に即効性がある解消法です。

 

子供を早く楽にしてあげたい親心としては、まずは即効性の高いものを探すのが当然だと思います。

 

しかし、これらの方法は子供を一時的に楽にするかもしれませんが、便秘体質が改善されたわけではありません

 

年齢が上がるとともに腸の機能が発達して便秘が改善されることも多いですが、逆に子どもによっては幼い時にきちんと対処しておかないとますますひどくなり、小学生になっても、その後に成人して大人になっても、子どもを苦しめることがあります。

 

幼いうちから慢性的な便秘になると子供の直腸が太く長くなり、便意を感じなくなるからです。

 

この便意というのは、主に便が直腸にたまり、直腸の壁を伸展させる刺激によって生じます。子供が排便をいつも我慢して、直腸が伸びてしまうと、直腸の壁への刺激が弱くなるために、便意が感じられなくなり、便秘が悪化してしまいます。

 

このように子供の便秘を軽く考えてはいけない理由については、以下の熊本の新聞記事に詳しく掲載されていますのでご参考にしてください。

 

軽くみないで子どもの便秘」(熊本日日新聞2010年2月12日)

 

 

上の記事中のさいたま市立病院小児外科部長の言葉にもありましたが、子供の便秘の根底にあるのは体質の問題と考えられます。

 

では、便秘になりやすい体質を改善するにはどうすればよいのでしょうか?

 

 

それには便秘になりにくい生活習慣を実践することです。

 

それ以外に根底から解決する方法はありません。

 

 

子供を便秘にしないための習慣として以下の3つを実行し、「腸の働きが低下しやすい体質」を早めに改善してあげましょう。

 

 

子供を便秘にしない3つの習慣

習慣1 バランスのよい食事

 

特に便秘体質を改善する上で必要なバランスとは、便をやわらかくする食材腸の働きを整える食材便のカサを増やす食材の3つを指します。

 

詳しくは「便秘の改善によい食事とは?」のページで解説していますが、便をやわらかくする食材としては野菜や果物類、腸の働きを整えるものとしてはヨーグルトやオリゴ糖、便のカサを増やす食材としては豆類やコーンフレークなどが含まれます。

 

このうちのいずれかだけではなく、3種類の食材をバランスよく含めることで、相乗効果で腸の働きがグングン向上していくはずです。

 

習慣2 腸に刺激を与える運動

 

運動をすることと腸の働きは深い関係があります。どんな運動であれ体を動かすことは便秘に効果がありますが、特に腸を刺激する運動を意識して行なうことで、より高い効果を得られます。腸を刺激する運動としては、前屈の体勢で行なう体操や腰をひねるような運動自転車こぎなどが含まれます。スクワットなどの屈伸運動も良いでしょう。
赤ちゃんのためのマッサージと運動はこちら

 

習慣3 決まった時間にトイレに座る

 

便通があるかないかにかかわらず決まった時間にトイレに座る習慣は便秘の改善に不可欠です。なぜなら、便通には体内時計が関係しているからです。体内時計は、わたしたちの生活の中で生じるあらゆる生理現象を管理しています。まるで秘書のようにわたしたちのからだを次に行なうべき事に向けて準備を整えてくれるのです。

 

ですから、一度体内時計に排便の時間としてセットされると、いつも決まった時間に自然と便意を感じるようになってきます。そのようにセットするためには、まずは毎日決まった時間にトイレに座ることが必要なのです。だんだんと体が慣れてくると、条件反射の働きも加わり、一層排便しやすくなっていくことでしょう。

 

時間としては、朝食後の少しでも便意を訴えた時が最適です。また大体食後の30分ぐらい経過した頃が便意を感じやすいようです。トイレに5〜10分ゆっくりと座らせて下さい。子供がリラックスして座れるようにトイレを明るく快適なスペースにしてあげましょう。

 

このようなことを習慣として続けるのは、なかなか簡単なことではありません。習慣化するまではチェックリストをつくったり、日記をつくったりして、いろいろ工夫しながら挑戦していきましょう。カレンダーにシールを貼ってあげたり、ご褒美を用意してあげてもいいかもしれません。

 

腸の働きをよくすることは、便秘改善だけでなく、自律神経全般の働きを良くすることにもつながります。その結果、心も体も丈夫な子に成長することができますから、そこにかける時間とエネルギーは決して無駄にはなりません。

 

子供の将来のためにも、今から良い習慣を身につけられるよう助けてあげたいものです。

 

カイテキオリゴの公式サイトはこちらへ